スポンサーサイト

Posted by kayof on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープについて考えてみた

Posted by kayof on 12.2008 0 comments 0 trackback
今週すでに3回も整骨院に行きました。
毎回30~40分ほど施術してくれます。
週1回はシップももらいます。
でも労災申請しているので、今まで一度もお支払いしたことがありません。
ビバ福利厚生!
とは言え貧乏性な私は、いずれしっぺ返しを喰らう気がしてなりません。

おかげさまで順調に回復しておりますが、未だ肩甲骨辺りに違和感を覚えております。
首を回すとゴキゴキ音がします。
腕を回してもゴキゴキ鳴ります。
まぁ元からっちゃ元からなんだけども。

意味もなくカテゴリを「carp」にしてみました。
カープのことを書こうと思ったんだけど、負けたからつまらないです。

アメリカに行った黒田は頑張っているようです。
反骨精神と強靭な精神力を持っている黒田はカープの大エースでした。
カープ初のメジャーリーガーは松坂以上の評価を持って海を渡りました。

市民球団が金満球団と戦うために何が必要か!?
FAという制度をなくすにはどうしたらいいんだろう・・・と一瞬本気で考えました。

人気のセリーグ、実力のパリーグと言われていたのも今は昔。
人気はセパ共に互角なんじゃないかと思われます。

セリーグにはナベツネ率いる巨人軍団がいます。
民放がゴールデンタイムにすごい視聴率を取れていたのは昔の話で、今や「アンチ巨人」が増え、私のような者たちはスカパーなどで野球中継を楽しみます。
セリーグの人気が落ちた訳ではなく、巨人ファンが減っただけのような気もしますが。

今までカープの今後を考えるたびに、私は市民球団としての運営に限界を感じていました。
日米ともにFAという制度が定着してしまった今、今までのようなカープの戦い方ではどうしても限界があると思えてなりませんでした。

市民球団として存続するためには、新球場建設のためにやっていた「樽募金」のように、ヴァンフォーレ甲府が一般スポンサーを募ったように、地道にやるしかないのかなぁ・・・。

それもわかる。
でもね。
時代に合ったやり方に適応していくことも必要だと思うんです。
時代錯誤な球団から時代の寵児は生まれません。
昭和のやり方では昭和の野球相手にしか通用しません。
「不器用だけど頑張ってる」だけではプロではありません。

うまく言えないけど、そう思います。

※すべて素人の戯言と読み流してください。

・・・・・・・・・・・・・・

今日飲み会だったむぅさんは、帰るや否や、変な笑い方をしながら、お茶を飲みながら、ソファーで寝てしまいました。
今はカレを布団に連れて行くことに専念したいと思います。

おやすみなさい。

スポンサーサイト
Category : carp

Comment

Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kayosfelice.blog109.fc2.com/tb.php/65-12a89c16

プロフィール

kayof

Author:kayof
社内でのこっそりお付き合いから約3年、2009年7月に結婚しました。

相方(むぅさん)との生活はカープが中心。
あとは、ワンかニャンが欲しいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © diario di kayof felice All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。